ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ダウンロード
  3. プロジェクター
  4. ソフトウェア・ドライバ
  5. ダウンロードソフト
  6. Geometric Correction Tool 3.0
ここから本文です。

Geometric Correction Tool 3.0

Version : Ver. 3.03

概要

Geometric Correction Tool 3.0(以下、本ツール)は、NEC製プロジェクターによる投写画面を、幾何学歪み補正するためのツールです。
円筒面や球面などの特殊な形状のスクリーンへ、投写する場合に利用します。
本ツールは、プロジェクターとパーソナルコンピュータ(以下、PC)を接続して使用します。

Ver. 3.03 までの修正点について

Ver.3.02 →Ver.3.03

  • Windows Vista対応
  • 社名変更対応

対応機種(型名)

  • GT6000 / GT5000
  • HL16000HD(N)/HL16000Dsx+(N)/HL12000HD/HL10000HD/HL12000/HL8000Dsx+※1
  • HT1100J (ファームウェア / Ver.1.04以降)※2 / HT1100JK
  • LT380J / LT280J / LT260SJK / LT260JK / LT265J / LT245J
  • MMS1000※3
  • MT1060J / MT1065J (ファームウェア Ver.1.09以降)※4 / MT1075J
  • NP2000J / NP1000J
  • VT770J (ファームウェア Ver.1.03以降)※5
  • 2 ご使用のプロジェクターが HT1100Jの場合は、「HT1100Jについて」を参照してください。
  • 3 ご使用の機器が MMS1000 の場合は、「MMS1000について」を参照してください。
  • 4 ご使用のプロジェクターが MT1060J/MT1065Jの場合は、「MT1060J/MT1065Jについて」を参照してください。
  • 5 ご使用のプロジェクターが VT770Jの場合は、「VT770Jについて」を参照してください。

【注意】
故障の原因となりますので、上記対応機種以外には 本ソフトウェアを使用しないでください。

HL16000HD(N)/HL16000Dsx+(N)/HL12000HD/HL10000HD/
HL12000/HL8000Dsx+について

  • 本ツールを使用するには、MM-WARPボードが必要です。

HT1100Jについて

  • バージョン情報の確認
    プロジェクターの電源を入れ、メニューから[情報]-[4]を選択してください。
    [バージョン情報]の[ファームウェア]の項目が、Ver.1.04以降なら本ツールをご利用いただけます。
    ファームウェアの更新については、ダウンロードサービスの「アップデートソフトウェア」欄をご覧ください。
  • LAN接続の場合は[詳細モード]をご利用ください。
    [簡易モード]では[接続先選択]ダイアログにプロジェクターが表示されません。

MMS1000について

  • 本ツールを使用するには、MM-WARPボードが必要です。
  • 直線性補正の[上下対称]および[左右対称]機能はサポートしていません。

MT1060J/MT1065Jについて

  • バージョン情報の確認
    プロジェクターの電源を入れ、メニューから[ヘルプ]-[情報]-[ページ4]を選択してください。
    [バージョン情報]の[ファームウェア]の項目が、Ver.1.09以降なら本ツールをご利用いただけます。
    [ヘルプ]-[情報]に[ページ4]の項目が存在しない場合は、ファームウェアの更新が必要です。
    ファームウェアの更新については、ダウンロードサービスの「アップデートソフトウェア」欄をご覧ください。

VT770Jについて

  • バージョン情報の確認
    プロジェクターの電源を入れ、メニューから[情報]-[4]を選択してください。 [バージョン情報]の[ファームウェア]の項目が、 Ver.1.03以降なら本ツールをご利用いただけます。
    ファームウェアの更新については、ダウンロードサービスの「アップデートソフトウェア」欄をご覧ください。

動作環境

対応 OS Windows 2000 Professional
Windows XP Home Edition
Windows XP Professional
Windows XP Tablet PC Edition
Windows Vista Home Basic (*)
Windows Vista Home Premium (*)
Windows Vista Business (*)
Windows Vista Enterprise (*)
Windows Vista Ultimate (*)
(*) 32ビット版

接続方法

プロジェクターとPCとの接続方法は、次の5種類です。

  1. シリアルポートを使用した接続:
    シリアルケーブルが必要です
  2. USBポートを使用した接続:
    USBケーブルが必要です
  3. LANポートを使用した接続:
    LANケーブルが必要です
  4. 有線LANカードを使用した接続:
    有線LANカードとLANケーブルが必要です
  5. 無線LANカードを使用した接続:
    無線LANカードが必要です

接続サポート状況

  (1)
シリアル
ポート
(2)
USB
ポート
(3)
有線
LAN
ポート
(4)
有線
LAN
カード
(5)
無線
LAN
カード
GT5000/GT6000
LT260JK/LT260SJK
MT1060J/MT1065J
HT1100J/HT1100JK ○ *
VT770J
MT1075J
LT245J/LT265J
MMS1000/HL16000HD(N)
/HL16000Dsx+(N)/HL12000HD
/HL10000HD/HL12000/HL8000Dsx+
LT280J/LT380J
NP1000J/NP2000J

○: サポートしている
-: サポートしていない

  • *LAN接続の場合は[詳細モード]をご利用ください。   [簡易モード]では[接続先選択]ダイアログにプロジェクターが表示されません。
  • GT5000/GT6000 には、USBケーブルは添付していません。
  • LT260JK/LT240JK には、USBケーブルが標準添付しています。
  • MT1060J/MT1065J には、USBケーブルが標準添付しています。
  • MT1075J には、USBケーブルが標準添付しています。
  • シリアルケーブル、LANケーブル、有線LANカード、無線LANカードは別売となります。
    シリアルケーブルは、LT260JK/LT260SJKではオプションケーブルCA03D、それ以外の機種では市販のクロスケーブルをご使用ください。
    また、ハブなどを介さずLANケーブルのみでパソコンとプロジェクターを直結する場合は、市販のクロスケーブルをご使用ください。
  • LT245J/LT265J には、無線LANカードが標準添付しています。
  • MMS1000/HL16000HD(N)/HL16000Dsx+(N)/HL12000HD/HL10000HD/HL12000/HL8000Dsx+ には、USBケーブルは添付していません。
  • LT280J/LT380J には、無線LANカードが標準添付しています。
  • NP1000J/NP2000J には、無線LANカードが標準添付しています。

インストール方法

Windows Vistaの場合、ソフトウェアのインストール/アンインストールは「管理者」権限で行ってください。またWindows XPの場合は「コンピュータの管理者」、Windows 2000の場合は「Administrator」権限で行ってください。

ダウンロードの実行

下記のファイル名をクリックして下さい。ダウンロードが開始されます。

ファイル名 ファイルサイズ
Geometric Correction Tool 3.0
GCT303.exe
6.74MB