ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ダウンロード
  3. プロジェクター
  4. ソフトウェア・ドライバ
  5. ダウンロードソフト
  6. Image Express Utility Lite for Mac OS
ここから本文です。

Image Express Utility Lite for Mac OS

Version : Ver. 1.1.0 / Ver. 1.0.3

MultiPresenter

MultiPresenter

使いやすくなった最新の画像伝送アプリ MultiPresenter をお試しください。
今すぐダウンロードできます。

概要

Image Express Utility Lite for Mac OSは、コンピュータの画面をプロジェクターへ投写するソフトウェアです。コンピュータの画面をネットワークを使用して、高品質で、かつ高速にプロジェクターに送信することができます。Image Express Utility Lite for Mac OSは、Mac OS X 10.6 / 10.7 / 10.8 / 10.9 / 10.10 / 10.11で動作します。Image Express Utility Lite for Mac OS Ver. 1.1.0は、Mac OS 10.7 / 10.8 / 10.9 / 10.10 / 10.11に対応しています。 Mac OS (PowerPC)ではご使用になれません。

機能

  • ネットワーク(有線LAN/無線LAN)を使ってコンピュータの画面をプロジェクターへ伝送して投写することができます。
  • ネットワーク設定を省略し、自動的にコンピュータとプロジェクターを接続することができます(かんたん接続)。
  • 同時に最大4台のプロジェクターへコンピュータの画面を伝送できます。
  • 複数接続機能に対応しているプロジェクターでは、複数のデバイスから同時に接続を受け付けることができます。送信画像を複数のビューで分割したり、1つの送信画像を全画面表示したりすることができます。

Ver. 1.1.0までの修正点について

Ver. 1.0.5 → Ver. 1.1.0

  • 複数接続機能に対応しました。
  • Mac OS 10.11に対応
  • NP-UM361XJL/NP-UM351WJL(ファームウェア Ver.1.02以降)の複数接続機能に対応

複数接続機能対応機種(型名)

  • NP-UM352WJL
  • NP-UM361XJL / NP-UM351WJL(ファームウェア Ver.1.02以降)
  • NP-M403XJD / NP-M403WJD / NP-M363WJD
  • NP-M353WSJD / NP-M303WSJD
  • NP-M403HJD
  • NP-M353HSJD
  • NP-P502HLJD
  • NP-P502HJD / NP-P502WJD

対応機種(型名)

  • NP-M402WJD / NP-M362WJD / NP-M402XJD
  • NP-M402HJD
  • NP-M361XJL / NP-M311XJL / NP-M271XJL / NP-M311WJL / NP-M271WJL
  • NP-M350XJL / NP-M300XJL / NP-M260XJL / NP-M300WJL / NP-M260WJL
  • NP-M352WSJD / NP-M302WSJD
  • NP-M350XSJL / NP-M300WSJL
  • NP-P501XJL / NP-P451XJL / NP-P451WJL / NP-P401WJL
  • NP-P420XJL / NP-P350WJL
  • NP-PA621UJL / NP-PA521UJL / NP-PA671WJL / NP-PA571WJL / NP-PA721XJL
  • NP-PA600XJL / NP-PA550WJL / NP-PA500UJL
  • NP-UM361XJL / NP-UM351WJL(ファームウェア Ver.1.01以前)
  • NP-UM330XJL / NP-UM330WJL / NP-UM330XiJL / NP-UM330WiJL

動作環境

メモリ
  • 512KB 以上 必須。
  • 1.0GB 以上 推奨。
    【注意】 同時に実行するアプリケーションによっては、さらにメモリが必要になる場合があります。
対応 OS Ver. 1.0.3 Mac OS X 10.6
Ver. 1.1.0 Mac OS X 10.7 / 10.8 / 10.9 / 10.10 / 10.11
プロセッサ
  • Intel Core Duo 1.5GHz 以上 必須。
  • Intel Core 2 Duo 1.6GHz 以上 推奨。
グラフィックス
  • 下記のグラフィックスでは動作確認済みです。
    • 内蔵グラフィックス
ネットワーク環境
  • TCP/IPをサポートした有線LANまたは無線LAN環境 必須
  • 下記のLANアダプタでは動作確認済み
    • 内蔵有線LANアダプタ ( Ethernet )
    • 内蔵無線LANアダプタ ( Wi-Fi / AirMac / AirMac Extreme )
    • Apple USB Ethernet アダプタ
    • Apple Thunderbolt Ethernet アダプタ
対応画面色 True Color (32bit) 必須
対応画面解像度
  • SVGA (800x600) 以上 必須。
  • XGA (1024x768) 推奨

ダウンロード時のユーザの操作について

  • Mac OS Xに標準で添付されている、Apple純正のWebブラウザ「Safari」を使っていて、 Safariの設定の「ダウンロード後、安全なファイルを開く」を初期値であるオンのまま使っている場合

    ダウンロードをするだけで、
    1. zipファイルの解凍
    2. zipファイルの削除
    3. 解凍して作成されるディスクイメージファイルのマウント
      までが自動的に行われます。ユーザは、マウントされたドライブ内にあるImage Express Utility Liteのフォルダを アプリケーションフォルダ等にコピーすれば使用可能になります。
  • Mac OS Xに標準で添付されている、Apple純正のWebブラウザ「Safari」を使っていて、 Safariの設定の「ダウンロード後、安全なファイルを開く」をオフに変えている場合
    もしくは、Safari以外のWebブラウザを使っている場合

    zipファイルがダウンロードされるだけになります。そのユーザは、そのファイルをダブルクリックして解凍し、解凍して作成されるディスクイメージファイルをダブルクリックしてマウント。 マウントされたドライブ内にあるImage Express Utility Liteのフォルダをアプリケーションフォルダ等にコピーすれば使用可能になります。
    マウントされたドライブ内にあるImage Express Utility Liteのフォルダをアプリケーションフォルダ等にコピー

起動方法

「Image Express Utility Lite」 フォルダ内の「Image Express Utility Lite」 アイコンをダブルクリックする。

関連ソフトウェア

各OS対応のソフトウェアは下記リンク先にてダウンロードできます。

  • Windows / Mac OS X / iOS / Android
  • Windows
  • iOS
  • Android