ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NECディスプレイソリューションズ
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > テクノロジー > 最新技術(ディスプレイ) : ムラ補正
ページ共通メニューここまで。

ムラ補正

Uniformity Technologyとは

「ムラ」が発生する原因はいくつかありますが、ほとんどは液晶パネルの製造工程にあります。

露光段階

露光というのはパネルの製造過程のひとつで、簡単に言えば、パネルのガラス板の上に回路を作っていくプロセスです。この回路が実際に液晶を動かしていくことになります。露光は自動的・機械的に行われますが、その工程時間が均一に行われなかったりすると、箇所によって電極が太くなったり細くなったりします。そのことによって、相対的に明るく表示されたり、暗く表示されたりすることになります。

ガラスの貼り合わせ

液晶モニターの表示パネルは、2枚の薄いガラス板を4~5マイクロミリの間隔を空けて貼り合わせていますが、非常にわずかな隙間な為、ところによっては間隔が均一にならない箇所があります。この間隔にばらつきや歪みが出てしまうと、光が透過する条件が変わってしまい、結果的に色や輝度の「ムラ」につながります。

経年劣化

太陽光がふんだんに当たるような場所で長期間液晶モニターを使い続けると、液晶パネルのフィルムが黄ばんできますので、色の再現力は著しく劣化することになります。

NECのUnifomity Technology

ハイグレードシリーズでは、工場にてモニター1台ごとにムラ補正を行っています。

  1. 工場で、2次元色彩輝度計を使ってそれぞれのパネルの輝度やRGBの色味を計測します。
  2. 次にその計測データを基にムラの状態を把握し、RGBそれぞれについてどの程度の補正をかければいいのかというデータを各モニターに記録させます。
  3. ユーザーは、ムラ補正を行うときにムラ補正機能をオンにして、補正をかけます。これらを実行するために、モニター開発で長年培ってきたノウハウを生かし、当社が独自に開発したLSIをハイグレードシリーズ全機種に搭載しています。

NECのUnifomity Technology

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Display Solutions. All rights reserved.