ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NECディスプレイソリューションズ
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > テクノロジー > 技術用語 : ディスプレイ
ページ共通メニューここまで。

技術用語 : ディスプレイ

液晶 加えられる電圧によって固体、液体の両方に性質を変化させる物質で、電気で光の透過を制御できます。
LCD(液晶ディスプレイ) 液晶を利用した表示装置。2枚のガラス板の間に特殊な液体を封入し、電圧をかけることによって液晶分子の向きを変え、光の透過率を増減させることで像を表示する構造になっています。
輝度 平面状の光源が一定方向に放射する単位面積あたりの明るさのことで、単位はカンデラ毎平方メートル(cm/m2)。
画素 映像を構成する最小面積の単位。画面は多数の明暗の異なる点の集合体から成り立っていて、これらの点が集まって画像として認知されます。デジタルメディアでは画素が規格によって定められ、それにより解像度も決まります。
表示画素数 ディスプレイの表示能力を示す数値のことで、きめ細かさや画質の滑らかさを画面に表示するドット数で表します。

VGA =Video Graphics Array 640×480

SVGA =Super Video Graphics Array 800×600

XGA =Extended Graphics Array 1,024×768

WXGA =Wide Extended Graphics Array 1,280×768

SXGA =Super Extended Graphics Array 1,280×1,024

UXGA =Ultra Extended Graphics Array 1,600×1,200

WQXGA =Wide Quad Extended Graphics Array 2,560×1,600

水平周波数 ディスプレイが1秒間に描画する水平方向のライン数のこと。ディスプレイに画像を描画するために必要な周波数であり、kHzという水平方向に走る走査線の速さを示す単位で表します。垂直周波数が同じ場合、水平周波数の数値が高いほど高解像度表記が可能になります。
垂直周波数 ディスプレイに画像を表示するときの、走査信号の垂直方向周波数のこと。ディスプレイが1秒間に描画できる画面の数で、単位はHz(ヘルツ)で表記。リフレッシュレートとも言います。
ドット・クロック(周波数) 表示する画素における周波数のことで、どのくらい素早く画面の1画素を点滅可能か、を示す数値。
アスペクト比 ディスプレイ画面あるいはディスプレイに表示する画像の縦横比のこと。現在の地上波TV放送は4:3、ハイビジョンは横長の16:9。
コントラスト 画面に白と黒を投写した時の明暗差のこと。
シャープネス 見た目の解像感のこと。映像の周波数特性を制御して、輪郭の強調感やディテイルの再現性を調整します。シャープネスを上げると中高域が強調され、ディテールがクッキリと再現されますが、ノイズが目立ちやすくなることもあります。
黒浮き 映像の黒色部分が正しく「黒」として表示されずに、何か幕をはったように明るくなってしまっている状態。黒浮きはコントラスト、階調表現、色再現性全般に大きく影響を与え、正確な映像再現が困難になる原因となります。
明度 画像の明階調と暗階調のバランスのこと。明度によって各階調の明るさが決定されます。
色相 色の違い(赤、緑、青など)を表わす要素。色相は彩度とは違う。彩度は色相の強さ(赤、緑、青の量)を表わします。
彩度 色の鮮やかさを表わす属性のこと。高いほど鮮やかで、低ければくすんだ色、と言えます。明度、色相とともに、色の三属性のひとつ。
色温度 ある色を放つ光源に含まれる、青紫光と赤色光の相対的な強さを表す数値のこと。定義は、その光と同じ色の光を完全黒体が放射する時の黒体の温度で単位はK(ケルビン)が用いられます。温度が高いほど青っぽく、低いほど赤っぽくなります。
ガンマ補正 映像信号の入力レベルに応じて、0%の黒から100%の白までリニアに明るさが変化するように行なう補正のこと。ブラウン管や液晶ディスプレイでは、それぞれ最適なガンマ補正を行って、初めて自然な明暗が再現できます。
sRGB standard RGB の略。 IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)が定める色再現性の国際規格。
AdobeRRGB カラーモニターおよび印刷物の視環境やカラーモニターの色再現性、輝度範囲等物理的特性を含めた規格のこと。
RGB 信号 映像信号の基本となる3つの信号、つまり、R(赤)G(緑)B(青)を独立させた信号のこと。中でもG信号は解像度を決定する性質があるため、特に重要とされている。
RCAプラグ いわゆるピンプラグのこと。現在のオーディオビジュアルの世界ではもっとも一般的なプラグです。
BNC プラグ 放送業務用機材に採用される事の多い、信頼性を高めたタイプのプラグ。差し込んで、さらに溝に合せて回して固定する構造のプラグです。
コンポーネント入出力 RGB信号、もしくは色差による映像信号の入出力のことで、映像信号を3つの基本的な信号に分離して、それを伝送します。3つの基本信号同士の干渉が抑えられるため、クオリティの高い信号伝送が可能です。
コンポジット端子 映像信号はY(輝度信号)、C(色信号)に大別できますが、この2つを混合させた信号がコンポジット映像信号です。これを伝送するための端子。
D 端子 1999年に規格化された、1プラグ1コードの映像信号伝送用ケーブル規格。D1からD4まで4種類が存在します。伝送形態は色差信号で、自動アスペクト変換信号伝送も可能。日本国内のみの限定規格です。
D-sub15 ピン パソコン本体とディスプレイを接続するための端子。この端子を介してディスプレイにRGB信号が伝送されます。
マルチスキャンディスプレイ さまざまな水平走査周波数、垂直走査周波数の映像信号に対応したディスプレイのこと。
プラズマディスプレイ 真空のガラス板上で各画素の蛍光体を発光させ映像を映す、という原理を持つ映像表示機器です。
ハイビジョン NHKが商標権を有する、日本における高精細度テレビジョン放送(High Definition television/HDTV)の愛称。16対9の画面比率で、有効走査線が1080本となります。
視野角 液晶表示デバイスが観視可能な所定のコントラスト比を有する範囲のことで、角度で表します。
画素ピッチ 隣り合ったが画素間の距離。一般的にはこの距離で画面のシャープ差が決まるとされています。
ベゼル 液晶ガラスを覆うプラスチック又はメタルのフレームで、ガラスの角や静電気を防ぎ、筐体を強化します。
バックライト バックライト Backlight 液晶自体は発光せず、明るいところでは反射光を、暗いところでは背後に仕込んだ蛍光燈の光を使って表示を行いますが、この蛍光燈のことをバックライトといいます。
モジュール LCDにPCB、駆動用ドライバー、ベゼル、バックライト等を組み合わせものの総称。
応答速度 「白→黒→白(又は黒→白→黒)」と順番に表示した際の計測値のこと。液晶の移動時間が最長に近いケースの値を測定しています。ただし中間色の場合は、かかる電圧が低いため、中間色での応答速度はスペックより遅めになります。
VESA PC用グラフィックス関連機器の規格標準化を目的とした組織で、VESAで標準化された規格をVESA規格といいます。
DVI コンピュータとディスプレイを接続するためのインターフェース規格の一つ。コンピュータから液晶ディスプレイに直接デジタル信号を送ることができます。
DDC/CI ディスプレイとパソコンの間で、ディスプレイの設定情報などを双方向でやり取りできる国際規格。
IPS IPS In-Plane Swtcing 水平に寝かせた液晶分子を横方向に回転させることでバックライト光量を制御、液晶分子の垂直方向の傾きが発生しないため、視野角による輝度変化/色変化が少ないのが特徴です。
VA VA Virtical Alignment 電圧がオフのときは液晶分子が垂直で、画面は「黒」で、最大電圧のときは水平に並ぶので、画面は「白」となります。電圧オフのときはバックライト光が液晶分子の影響を受けず、偏光板でほぼ完全に遮断されることで純粋な「黒」を表現しやすいため、コントラスト比を高くしやすいという特徴があります。
TN 電圧がオフのとき液晶分子が水平に並び、バックライトの光を通過させて画面が「白」になります。この状態で徐々に電圧をかけていくと、液晶分子が垂直に立ち上がっていき、最大電圧になったときにバックライトの光を遮って画面が「黒」になります。液晶分子がガラス面に90度ねじれる方式で、生産技術が確立されています。応答速度が比較的早いという特徴や、明るい表示が容易に得られる、あるいは、同じ表示輝度であればバックライトの消費電力を削減できます。一方で他の方式に比べ、視野角が狭く、色度変位が大きいという特徴も合わせ持っています。
TFT アクティブマトリクス方式を利用した代表的な液晶ディスプレイの1つ。画素の1つ1つのON/OFFを制御するので、それぞれの確実に点灯させることができ、画面がクリアで応答速度が高いという特徴があります
チルト角度/スイーベル角度 モニター画面が上下/左右に動く範囲
DICOM 米国放射線学会 (ACR) と北米電子機器工業会 (NEMA) が開発した、CTやMRI、CRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらの画像を扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格のこと。
デュアルリンク コンピュータとディスプレイを接続するDVIインターフェースの伝送方式の一つ。TMDS方式の信号伝送路2本用意して、最高で毎秒330メガピクセルの画像データを伝送できます。コネクターには24ピンのDVI-Dデュアルリンクもしくは29ピンのDVI-Iデュアルリンクを用います。UXGA(1600×1200)まではTMDS方式の信号伝送路1本ので対応できますが、これを超える解像度が必要な場合にデュアルリンクを用います。
TMDS ディスプレイとパソコン間で用いられる、デジタル伝送方式の一つ。米Silicon Imaging社が開発、DVIおよびHDMIのデジタル画像信号部分に使用されています。
グレイスケール コンピュータ内で、色彩の情報がない白黒写真のようなグラフィックスデータを表現する方法。
タッチパネル コンピュータ操作のためのインターフェースのひとつ。ディスプレイに表示されるGUI(Graphic User Interface)を触れることによって、対話的にコンピュータを操作します。
USB コンピュータの接続規格で周辺機器の多くが接続が可能です。
ICCプロファイル ICC(International Color Consortium)により策定された、ある特定の機器がどのように色を再現するか、機器の色域を記述したファイル。主にディスプレイ、入力機器(デジタルカメラやスキャナ)、出力機器(プリンターなど)の3つのタイプの機器に対して作成されます。
HDMI デジタル信号をダイレクトにディスプレイに表示できる規格。高画質な映像とデジタル音声が楽しめ、1本のケーブルで映像・音声・制御信号の送受信が可能です。
HDCP パソコンなどの映像再生機器から、ディスプレイなどの表示機器にデジタル信号を送受する経路を暗号化し、コンテンツが不正にコピーされるのを防止する著作権保護技術です。
シンク・オン・グリーン 同期信号方式のひとつで、水平同期信号と垂直同期信号を合成し、その複合波をグリーンの映像信号に乗せる方式。3-BNC接続をするときに用います。
マルチ・ディスプレイ 1台のPCに2台以上のディスプレイを接続してデスクトップ領域を広げる機能のこと。複数のウィンドウを並べたまま作業が行えるため、作業の効率化が図れます。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Display Solutions. All rights reserved.