Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

高輝度 DLP® プロジェクターを新発売 2灯式ランプシステム採用のインスタレーションモデル

新製品のその他の特長

1.デジタル入力端子DisplayPortおよび HDMIを装備

HDMI端子、DisplayPort端子に加え、コンピュータ(アナログ)、BNC、ビデオ、Sビデオなど、豊富な入出力端子を備えています。なお、コンピュータ(アナログ)とBNCはコンポーネント入力にも対応しています。

2.電動レンズコントロール機能を搭載

電動レンズシフト機構の採用により、本体を動かさずに投写画面の位置を上下左右へ調整できます。また、レンズズームとフォーカスの調整も電動で、リモコンからも操作することができるので、天井に設置した場合にも便利です。

※NP25FLはレンズシフト機能を利用することはできません

3.スタンバイ(省電力)時の消費電力0.5W以下の省電力設計

電源スタンバイ時に省電力モードを設定すると、消費電力0.5W以下を実現しました。

4.スクエアな画像に補正する「台形歪み補正機能」、「SQUARE SHOT®」を搭載

上下方向および左右方向の歪みも「台形歪み補正機能」により、上下方向は最大±30度、左右方向は最大±35度の範囲で調整可能です(注1)。
これに加え、斜め方向から投写して歪んだ画像が投写された場合でも、スクリーンの四隅の4点を設定するだけで、スクエアな画像に補正する「SQUARE SHOT®」を搭載しています。
さらに、「幾何学歪み補正機能」(Geometric Correction Tool)により、円柱面や球面等の特殊形状スクリーンに対し、スクエアな画像を投写させることができます。(注2)

5.無線LAN/有線LANに対応

プロジェクター本体のLANポート(RJ-45)にLANケーブルを接続するか、あるいはオプションの無線LANユニットを装着すると、ネットワークを利用して、パソコンからプロジェクターの電源ON/OFFや信号の切り替えといったコントロールを行うことができます。
無線LANはIEEE802.11b/g/nに準拠し、セキュリティでは、WPA-PSK(TKIP/AES)、WPA2-PSK(TKIP/AES)に対応していますので、安心してご使用いただけます。


6.シームレススイッチング機能を搭載

入力端子の切り替え時、切り替え前の映像を保持することで、無信号状態を経ずに切り替え後の映像が投写できます。

7.同時に2つの映像表示が可能

主画面の中に子画面を表示する「ピクチャーインピクチャー」と、主画面と副画面を左右に並べて表示する「ピクチャーバイピクチャー」で、1台で2つの映像を同時に投写することができます。

8.エッジブレンディング機能を搭載

スタック設置などでのマルチ画面において、投写画面の端(境界)を目立たせなくし、解像度の高い映像を大画面で投写することができます。

9.医用画像を簡易表示できるDICOMシュミレーションモード

医用画像の標準規格であるDICOMに近似した映像に設定する「DICOMシュミレーションモード」を搭載しました。学会などの発表にも対応します。※

※実際の診断には使用できません。

10.レンズシャッターを搭載

本体にレンズシャッターを搭載しているので、暗い場所で効果を高めたいときなどに、プロジェクターからの光を遮ることができます。本体やリモコンのボタンから操作可能です。


(注1) 別売りのレンズユニットNP27ZLを装着し、レンズシフトの位置がセンターでズームをワイド側に最大にした場合

(注2) 幾何学歪み補正を行うためには、ユーティリティソフト"Geometric Correction Tool"をパソコンにインストールし、プロジェクターとパソコンをRS232CまたはLANにより接続してコントロールを行います。
補正データはプロジェクターに保存されるので、調整後はパソコンは必要ありません。
ユーティリティソフト"Geometric Correction Tool"は、当社ホームページから無償でダウンロードできます。

Share: