ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. 平成28年-2016
  4. 高信頼性を実現し、幅広い設置環境に対応する高輝度8000ルーメンのレーザープロジェクターを発売
ここから本文です。

高信頼性を実現し、幅広い設置環境に対応する高輝度8000ルーメンのレーザープロジェクターを発売

2016年1月19日
NECディスプレイソリューションズ株式会社

NECディスプレイソリューションズは、「ビューライトシリーズ」の新製品として、レーザー光源を採用した高輝度8,000ルーメンのDLP®プロジェクター「NP-PX803UL-BKJD」並びに「NP-PX803UL-WHJD」を本年3月上旬より出荷開始します。発売後1年間で、国内・海外向けをあわせ、2モデル合計で1,500台の販売を予定しています。
新製品は、長寿命20,000時間のレーザー光源を採用し、安定した投写品質を保ちます。さらに、光学エンジン及び光源ユニットを密閉化し防塵構造を強化した「シールドエンジン」の採用により、光学部品の汚損を防ぎ、高耐久性を実現しました。
また、上下方向360度どの角度でも設置できる「チルトフリー」の他、左右方向も360度設置できる「ロールフリー」など幅広い設置環境に対応します。
4Kまで対応するデジタル端子など豊富な入出力端子も装備しており、教育機関の大教室や企業の大会議場での使用や、デジタルサイネージ、映像演出などにおいて、クオリティの高い映像ソリューションを提供します。

ViewLight® NP-PX803UL-BKJDViewLight® NP-PX803UL-BKJD

ViewLight® NP-PX803UL-WHJDViewLight® NP-PX803UL-WHJD

背景

近年、教育機関、企業などにおいて、ビジネスプロジェクターは、高輝度・高画質化とともに、長時間使用しても安心な高信頼性や、メンテナンスの手間や費用の負担低減が求められています。
新製品は、レーザー光源採用により長寿命設計で、さらに設置や画面調整に優れた機能も有しており、市場ニーズに対応するものです。

パネル解像度・希望小売価格

型名 パネル解像度 明るさ 希望小売価格
NP-PX803UL-BKJD WUXGA(1,920×1,200) 8,000ルーメン オープン
NP-PX803UL-WHJD WUXGA(1,920×1,200) 8,000ルーメン オープン

今回の新製品は、レンズは別売りです。設置場所に応じて8種類のオプションレンズを用意しています。

オプションレンズ

型 名 レンズタイプ 投写距離比* 質量 出荷開始時期
NP39ML ミラー 0.38:1 2.7㎏ 2016年3月下旬
NP16FL 固定焦点 0.76:1 0.9㎏ 既発売
NP17ZL ズーム 1.25-1.79:1 1.1㎏ 既発売
NP18ZL ズーム 1.73-2.27:1 0.8㎏ 既発売
NP19ZL ズーム 2.22-3.67:1 1.0㎏ 既発売
NP20ZL ズーム 3.58-5.38:1 1.0㎏ 既発売
NP21ZL ズーム 5.31-8.26:1 1.4㎏ 既発売
NP31ZL ズーム 0.75-0.93:1 1.3㎏ 既発売
※希望小売価格は8種類全てオープン
*スクリーンへの投写距離:スクリーンの横幅寸法

主な特長

  1. レーザー光源採用、高輝度・高画質を実現
    レーザー光源の採用により、長寿命約20,000時間(注1)と、高輝度8,000ルーメンを実現。また、高解像度(1,920×1,200ドット)のDLP®チップや、鮮明でメリハリのある画質を実現する独自の高画質機能 「SweetVision®」の採用などにより、大画面投写と鮮明な映像表現が可能です。
    さらに、光源の交換などメンテナンスが長期間不要なので、ローコストオペレーションを実現します。

  2. シールドエンジンを採用
    光学エンジン及び光源ユニットを密閉し、防塵構造を強化(注2)。光学部品の汚損を防ぎ、高耐久性を実現しました。また、光学系の冷却には水冷方式を採用し、明るさ8,000ルーメンと高輝度ながら、コンパクトボディを実現しました。

  3. 設置場所に応じて選べるオプションレンズ
    設置場所の環境に応じて、8種類のオプションレンズから選択できます。新発売のミラー式のオプションレンズ(NP39ML)を使用すれば、300型の大画面表示が約1.5mの投写距離で可能です(注3)

  4. 幅広い設置環境、投写ニーズに対応
    上下方向360°どの角度でも設置できる「チルトフリー」や、左右方向も360°設置できる「ロールフリー」に対応。投写画面を90°傾けて縦長映像を写し出す「ポートレート」投写も可能です。(注4)
    また、本体を動かさずに投写画面の位置を上下・左右に調整できるレンズシフト機構(注5)を搭載しています。さらに、「台形歪補正」や、円柱面や球面等の特殊形状スクリーンにスクエアな画像を投写することができる「幾何学歪み補正」などの補正機能も搭載しています。

  5. エッジブレンディング機能を搭載
    マルチスクリーン投写時に、画面が重なる領域において明るさ、色の濃淡を調整することで画像の境界を目立たせなくさせる「エッジブレンディング機能」を搭載。2つの画面が重なり合う部分の色の階調特性のバラツキを改善し、シームレスな画像表示を提供します。

  6. HDBaseT™入力端子を装備
    オプションのビデオ・エクステンダ送信機、もしくは市販のHDBaseT™対応の伝送機器(注6)と、LANケーブル(注7)を使用して、離れた場所に設置したプロジェクターに高画質映像を投写できます。長距離(注8)の配線工事の簡易化を実現しました。

  7. 4Kまで対応するデジタル端子を装備
    Quad HD(4096x2160、24/30Hz)の認証取得したHDMI®端子、DisplayPort™端子を装備しています。
    高精細な映像と音声が1本のケーブルで接続できるため動画再生機との接続も容易です。

  8. 4K信号の入力が可能
    デジタル入力(HDMI®、DisplayPort™及びHDBaseT™)時、最大4K(4096×2160)信号入力が可能なので、出力ソース側で映像信号の圧縮をしなくても4K信号の入力が可能です。(注9)
    また、縦横2台ずつ、計4台プロジェクターを配置し、1台のプロジェクターに入力された4K信号を、HDMI®出力端子を使用してデイジーチェーン接続することにより、映像分配器を使用せずに4K映像を投映することが可能です。

今回の新製品向けの主なオプション品は次のとおりです。

商品名(型名) 希望小売価格 出荷開始時期
天井用取付けユニット(NP15CM) 60,000 円(税別) 既発売
ビデオ・エクステンダ送信機(KT-100TX1) オープン 既発売

なお、新製品の主な仕様については、別紙をご参照ください。


 NECグループは、「2015中期経営計画」のもと、安全・安心・効率・公平という社会価値を提供する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進のICT技術や知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

  • (注1)レーザー光源部のみの輝度半減時間で、保証時間ではありません
  • (注2)完全に遮断することはできません
  • (注3)プロジェクター本体背面からスクリーンまでの距離
  • (注4)本体を支えるスタンドが必要です
  • (注5)レンズユニットNP16FL、NP39MLをご使用の場合、レンズシフト調整はできません。
  • (注6)市販のすべてのHDBaseT対応の伝送機器との接続を保証するわけではありません。
    HDBaseTは、HDBaseT Allianceによって策定された家電製品向けの接続規格です。
  • (注7)カテゴリー5e以上のシールドケーブルをご使用下さい
  • (注8)最大100mまで伝送が可能
  • (注9)プロジェクターからはWUXGA(1,920×1,200)に圧縮された状態で表示されます

<備考>

  • ViewLightはNECディスプレイソリューションズ株式会社の登録商標です。
  • DLPはTexas Instruments Incorporatedの登録商標です。
  • HDBaseTは、HDBaseT Allianceの商標です。
  • HDMI、High-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing, LLCの日本国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • DisplayPortは、Video Electronics Standards Associationの日本国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • その他記載のメーカー名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
http://jpn.nec.com/profile/solutionsforsociety/index.html

  • *このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る