ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. 平成29年-2017
  4. 設置性に優れた、メディアプレーヤ機能内蔵の業務用液晶ディスプレイ6機種を新発売
  5. その他の特長
ここから本文です。

設置性に優れた、メディアプレーヤ機能内蔵の
業務用液晶ディスプレイ6機種を新発売

新製品のその他の特長

  1. DC電源供給ポートを装備
    電源供給専用のUSBポートを装備。これまでACアダプタを必要としていた、当社スティック型メディアプレーヤ「MP-02」や、ワイヤレスプレゼンテーションツール「MultiPresenter Stick」(型名:DS1-MP10RX3)への電源供給(2A)が可能になります。(※1)

  2. 広色域10ビットカラーパネルとHDMI端子を装備
    RGB各色10ビットの広色域カラーパネルを採用。HDMI端子からの10ビットカラー入力にも対応しており、約10億7374万色の色数を表示できます。

  3. 多彩な設定が可能な人感センサ
    オプション(別売)の人感センサ内蔵リモートコントロールキット(KT-RC2)を使用すると、人の動きを感知して表示画面や音声を自動でON/OFFできます。不要な電力の削減に貢献します。さらに、カスタムモードでは、表示コンテンツの切替えや画面の輝度、音量の調整など細かな設定が可能です。

  4. 周囲の明るさに合わせて輝度を自動的に調整する外光センサモード
    ベゼル内蔵の外光センサが周囲の明るさを検知して、明るさに合わせて設定した輝度に自動的に調整します。周囲が明るい時、および暗い時のそれぞれの輝度を設定することにより、環境に適した輝度に自動的に調節されるので、優れた視認性と電力削減を両立します。

  5. Intelligent Wireless Dataを搭載
    ディスプレイ本体に内蔵されたNFCセンサにスマートフォンやタブレットPC(互換NFC内蔵モデル)をかざすことで、ディスプレイの電源がOFFの状態でも、ディスプレイの設定情報や、動作ログの読み出し/書き込みが可能です。(※2)

  6. 表示状態のセルフチェック「Proof of Play 機能」を搭載
    ディスプレイの表示状態をセルフチェックし、ネットワークを通じて本機の状態を通知することができます。セルフチェックが行えるのは、「選択されている映像入力」、「入力信号の解像度」、「選択されているオーディオ入力」、「入力されているオーディオ信号の有無」、「映像の出力状態」、「オーディオの出力状態」、「チェックを始めてからの積算時間」の7項目になります。

  7. 各種制御コマンドに対応、集中管理による演出が可能
    当社標準制御コマンドや標準化されたプロトコルSNMPはもちろん、AMX Device Discovery、 PJLink、Crestron RoomView といった一般的な制御コマンドにも対応。ディスプレイやプロジェクターの一括制御も可能になります。1台のホストコンピュータからネットワーク接続による様々な操作や設定変更を、LANケーブルによるデイジーチェーンで行えます。

  8. OPS規格に準拠したオプションスロットを装備
    オプションスロットにOPSコントローラを装着すれば、クライアントPCを使用せずにデジタルサイネージを構築できます。

以上

  • ※1このUSBポートを使用した通信はできません
  • ※2本機能を利用するには、端末に専用のアプリケーション(Intelligent Wireless Data App)をダウンロードする必要があります

  • *このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る