ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. 平成29年-2017
  4. 高輝度・レーザー光源DLP Cinema®プロジェクター3機種を発売ラインアップを強化
ここから本文です。

高輝度・レーザー光源 DLP Cinema®プロジェクター
3機種を発売 ラインアップを強化

2017年8月1日
NECディスプレイソリューションズ株式会社

NECディスプレイソリューションズは、米国シネマ業界団体DCI(注1)制定の上映規格に準拠したDLP Cinema®プロジェクター「NC3541L」、「NC2041L」および「NC1700L」を本年9月下旬より順次出荷を開始します。発売後1年間で、国内・海外向けをあわせて、3機種合計で1000台の販売を予定しています。
新製品3機種は、赤/青2色のレーザー光源を採用し、DCI準拠の広色域での投映を高効率で実現しました。
「NC3541L」は明るさ35,000ルーメンで解像度4K対応、「NC2041L」は明るさ20,000ルーメンで解像度4K対応、「NC1700L」は明るさ14,000ルーメンで解像度2K対応のモデルです。
新製品の発売により、レーザー光源採用のDLP Cinema®プロジェクターは、販売中の「NC1201L-A」と合わせて4機種となり、映画館の大小様々なスクリーンへの対応が可能です。
新製品は、「循環冷却防塵構造」により、チリや埃の侵入を防ぎ(注2)、光学部品の汚れによる劣化を抑えることで、明るさや映像品質を維持でき、ランプ光源のプロジェクターに比べ、長期間にわたりトータルコストも低減することができます。

NC3541L/NC2041LNC3541L/NC2041L

NC1700LNC1700L

背景

日本国内の映画館は、2008年頃から2013年頃にかけてデジタル化が進み、現在ほぼ完了していますが、デジタルシネマプロジェクター導入から10年が経過する2018年度以降は、買い替え需要が高まってくると想定されています。映画館は、デジタルシネマプロジェクターを長時間・長期間使用するため、買い替え時の機種選定にあたっては、信頼性の確保・映像品質の維持・低ランニングコストであることがポイントとなります。
新製品は、レーザー光源を採用し、「循環冷却防塵構造」による高耐久設計及び低ランニングコストでの運用が可能など、お客様のニーズに対応します。

明るさ・出荷開始時期など

型 名

明るさ

パネル解像度

出荷開始時期

NC3541L

35,000ルーメン

4K(4096×2160

2017年9月下旬

NC2041L

20,000ルーメン

4K(4096×2160

2018年1月中旬

NC1700L

14,000ルーメン

2K(2048×1080

2017年9月下旬

  • レンズ別売り

新製品の主な特長

  1. 長寿命レーザー光源採用
    長寿命約30,000時間 (注3)の赤色と青色のレーザー光源と、緑色蛍光体により3原色を作り出します。これにより、映画のデジタル上映に求められるDCI準拠の広色域(DCI-3P)を、高効率で実現します。
    また、レーザー光源は破損や不点灯のリスクが無く、安心・安全な上映環境を提供します。

    長寿命レーザー光源採用(イメージ)

  2. 「循環冷却防塵構造」採用
    光学ユニットを密閉し、内部でクーラントを循環させて光学部品を冷却する「循環冷却防塵構造」により、外気から侵入するチリや埃による光学部品の汚損を防止します。(注2)長期間にわたり、明るさや映像品質を維持し、安定した上映を行うことができます。

    <イメージ図:NC3541L、NC2041L><イメージ図:NC3541L、NC2041L>

  3. ローコストオペレーションが可能
    レーザー光源採用により、ランプ方式に比べ消費電力を大幅に低減。また、防塵構造による交換不要のメタルフィルター採用、光学エンジン部の清掃や部品交換などメンテナンス工数や費用の低減を図ることで、低ランニングコストでの運用が可能です。

  4. 自由度の高い設置性(NC3541L、NC2041L)
    ランプ光源に比べて発熱量が少ないため、外部排気設備への接続が不要です。また、「循環冷却防塵構造」(注2)により、一般的に高出力レーザー装置に必要とされるチラー(外部冷却装置)も不要です。さらに低騒音設計(NC3541L:55dB、NC2041L:53dB)なので、近年海外で拡大しているブースレスシアターなど、映写室外への設置も可能です。

  5. DCIコンプライアンステストプランに合格
    DCI(注1)が認定した第三者テスト機関による「DCIコンプライアンステストプラン(以下CTP)」に合格。CTPに合格した機器でないとハリウッド大手映画スタジオが制作した映画を上映できないため、CTPに合格していることは、映画館などが機器購入を判断するうえで重要な条件になります。

新製品の主な仕様については、別紙をご参照下さい。


NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。
当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

  • (注1)Digital Cinema Initiativesの略。Disney、Fox、Paramount、Sony Pictures Entertainment、Universal、Warner Bros. Studiosのハリウッドの映画大手6社で構成
  • (注2)塵や埃などを完全に防ぐことはできません。
  • (注3)設置条件による。保証時間ではありません。

<備考>

  • DLP、およびDLP Cinemaは、米国Texas Instruments Incorporatedの登録商標です。
  • 記載されている会社名、および商品名は各社の商標または登録商標です。

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
http://jpn.nec.com/profile/solutionsforsociety/index.html

  • *このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る