ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ダウンロード
  3. プロジェクター
  4. ソフトウェア・ドライバ
  5. ダウンロードソフト
  6. Image Express Utility 2.0 ・Desktop Control Utility 1.0 (Windows2000対応版)
  7. 修正点について
ここから本文です。

修正点について

Image Express Utility 2.0 (Windows2000対応版)

それ以前の修正点について

Ver. 2.08.0199 → Ver.2.10.0208

  • ヘルプの対応PJ機種を削除し、ウェブサイトのURLを掲載。

Ver. 2.05.0167 → Ver. 2.08.0199

  • 仮想ディスプレイのWXGA対応
  • 接続先リストで登録したプロジェクターおよび会議が見つからない不具合を修正

Ver. 2.03.0120 → Ver. 2.05.0167

  • 社名変更対応。
  • 接続先選択で、255.255.255.0から255.255.255.255の範囲のIPをリストに追加するとアプリケーションの応答がなくなる障害に対応。
  • Vista版との混在で、発表者切り替えを行うと、受信者が20秒程度フリーズする場合があるのを修正。

Ver. 2.02.0114 → Ver. 2.03.0120

  • Windows Vistaにインストールしようとした時、警告メッセージを表示するように修正
    (Windows Vista/ 7にはインストールできません。)
  • 自動電源オンに失敗することがあったのを修正

Ver. 1.01.0003 → Ver. 2.02.0114

  • NP1000/2000に対応
  • 仮想ディスプレイ送信機能を追加。
  • 管理者へのファイルアップロード機能を追加。
  • 受信画面拡大表示機能を追加。
  • 再開ファイルからのワンステップ操作での接続機能を追加。
  • セグメント越えのミーティングをサポート

Ver. 1.01.0000 → Ver. 1.01.0003

  • 参加者が通信障害により会議退出させられた場合の再接続処理追加。
  • 発表者および参加者ウィンドウで、ステータスエリアをクリックすると、3秒間会議名とユーザ名を表示する機能を追加。
  • 発表者指定モードで参加者として参加した時および再接続に成功した時に、バルーンメッセージを表示し接続したことを確認できるようにした。
  • WindowsXP-SP2でIEU20を、TCP接続で使用しているケースで、伝送中にPJの電源をOFFにすると、PCがブルーバックで落ちる、ストールする、次回画面転送が行われなくなるなどの不具合が発生する問題を回避。
  • ヘルプファイルの変更および誤記修正
  • IEUを起動したまま、「ユーザ切り替え」(ファーストユーザスイッチ)でユーザを切り替えを行うと、「ブルーバックに落ちる」または、PCがリセットされることがある不具合を修正。
  • IEUを起動するとディスプレーのリフレッシュレートがデフォルト値に戻る制限を解除。
  • Luidia社eBeamアプリケーションとの連携動作サポート(WT610J/615J)
  • Copyright表記を「2004-2005」に変更。

Ver. 1.00.0002 → Ver. 1.01.0000

  • タブレットPCで画像送信中に縦横比を変更した場合、描画が正しくできないことがある等の制限を解除。
  • 描画の一部が欠けるなど描画関係の制限事項を緩和。
  • 電波状態によって会議が見つかりにくい場合の対策追加。
  • ネットワークがドメイン接続に設定されている場合でもかんたん接続の動作を許可するように仕様改善。
  • 公開ファイル機能のエラー系の不適切な処理を修正。
  • 会議再開機能のエラー系の不適切なアラート表示を修正。

Ver. 1.00.0000 → Ver. 1.00.0002

  • かんたん接続のエラー系処理の問題を修正。
  • ファイル公開機能のエラー系処理の問題を修正。
  • 公開ファイル機能の通信ポート番号を変更。
  • かんたん接続のプロジェクター検索精度を向上。
  • テキスト表示で左側境界で文字が欠ける場合がある制限を解除。
  • 一部のフォント種のテキスト表示ができない制限を解除。
  • Windows XP SP2 を適用した一部のPCにおいて、TCP/IP通信が正しく終了できない場合がある問題の回避のため終了ロジックの一部を変更。

Ver. 1.00.0000

  • 新規リリース

戻る

Desktop Control Utility 1.0 (Windows2000対応版)

それ以前の修正点について

Ver. 2.05.0167 → Ver.2.10.0207

  • ヘルプの対応PJ機種を削除し、ウェブサイトのURLを掲載。

Ver. 2.03.0120 → Ver. 2.05.0167

  • 社名変更対応。
  • 接続先選択で、255.255.255.0から255.255.255.255の範囲のIPをリストに追加するとアプリケーションの応答がなくなる障害に対応。
  • Vista版との混在で、発表者切り替えを行うと、受信者が20秒程度フリーズする場合があるのを修正。

Ver. 2.02.0114 → Ver. 2.03.0120

  • Windows Vistaにインストールしようとした時、警告メッセージを表示するように修正
    (Windows Vista / 7にはインストールできません。)

Ver. 1.01.0003 → Ver. 2.02.0114

  • NP1000J/NP2000Jに対応。
  • 表記「プロジェクタ」を「プロジェクター」に変更。

Ver. 1.01.0000 → Ver. 1.01.0003

  • WindowsXP-SP2でDCU10を使用した時、伝送中にPJの電源をOFFにすると、PCがブルーバックで落ちる、ストールする、次回画面転送が行われなくなるなどの不具合が発生する問題を回避。
  • DCUを起動したまま、「ユーザ切り替え」(ファーストユーザスイッチ)でユーザを切り替えを行うと、 「ブルーバックに落ちる」または、PCがリセットされることがある不具合を修正。
  • DCUを起動するとディスプレーのリフレッシュレートがデフォルト値に戻る制限を解除。

Ver. 1.00.0002 → Ver. 1.01.0000

  • タブレットPCで画像送信中に縦横比を変更した場合、描画が正しくできないことがある等の制限を解除。
  • 描画の一部が欠けるなど描画関係の制限事項を緩和。

Ver. 1.00.0000 → Ver. 1.00.0002

  • テキスト表示で左側境界で文字が欠ける場合がある制限を解除
  • 一部のフォント種のテキスト表示ができない制限を解除

Ver. 1.00.0000

  • 新規リリース

戻る

ページの先頭へ戻る