ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ダウンロード
  3. プロジェクター
  4. ソフトウェア・ドライバ
  5. アップデートソフトウェア
  6. NP1000J
ここから本文です。

NP1000Jアップデートソフトウェア

概要

この「NP1000J アップデートソフトウェア(以下、「本ソフトウェア」といいます。)」は、以下の強化を実施した最新版のファームウェア及び、設定データへアップデートするためのソフトウェアです。

ファームウェア Ver. 1.05
設定データ Ver. 1.02

ファームウェア

Ver. 1.05での強化項目

  • HTTP サーバ / SNMP / PJLink のエラーステータス表示の修正
  • PJLinkの各種不具合の修正

注意

アップデート操作を誤るとプロジェクターが起動しなくなる等の障害が発生することがあります。本説明文をよく読み、誤操作のないようアップデートを行ってください。
また、データ書き換え中に予期せぬアクシデント(停電、雷、遮断、ノイズ等)により、プロジェクターが誤動作したり、電源が落ちたりしますと、最悪の場合、機器が損傷し、正常動作しなくなります。このような場合、お客様のご負担で修理を必要とすることがありますので、 十分ご注意ください。

対象ユーザ

下記機種をご使用になるお客様

NP1000J

アップデートについて

アップデートを開始する前に必ず以下の注意事項をお読みください。

注意事項

  1. アップデート作業は、一回だけ行ってください。一度アップデートを完了すると、その後は、本体電源をコンセントから抜いた場合でも、再度アップデート作業を行う必要はありません。
  2. アップデート操作を行うと、元に戻すことはできません。

用意するもの

  1. PCカード 1枚
    1. プロジェクターのPCカードスロットに挿入可能なPCカード (使用できる市販PCカードについての情報は、当社プロジェクターサイトの「サービス&サポート」→ 「対応市販品の動作確認状況」をご覧ください。
    2. フォーマット形式がDOS FAT16 もしくは FAT32 のもの
      (PCカードをDOS FAT16やFAT32 にフォーマットする方法については、お使いのコンピュータで使用しているOSの取扱説明書を参照してください。)
    3. 空き容量 32MB 以上
  2. 上記 PCカードの読み書きができる MS-Windows 98/Me/2000/XP 搭載パソコン 1式

アップデート手順

以下の手順に従って、アップデートを行ってください。

FLOW

1. アップデートソフトウェアの準備

1-1. ファイルの確認

アップデートソフトウェアの[np1000_v105j.exe]が、お使いのパソコンの適当な場所にあることを確認してください。
ここでは例として、[np1000_v105j.exe]が、C:\TEMP フォルダにあるとします。

1-2. PCカードのセット

用意したPCカードをPCカードドライブ装置にセットします。

1-3. 解凍
  1. 「マイコンピュータ」から、C:\TEMP フォルダをダブルクリックします。
  2. C:\TEMP フォルダ内に表示された [np1000_v105j.exe] をダブルクリックします。
  3. 「解凍先フォルダの指定」というウインドウが開きますので、「参照」ボタンをクリックし、PCカードドライブを選択します。
  4. 続いて、「解凍」ボタンをクリックします。
1-4. 確認

確認のため、「マイコンピュータ」から、PCカードドライブをダブルクリックします。
PCカードドライブ内の「_pjfirm!」と「_pjdat!」というディレクトリに、それぞれ[cem_np1000_firm_v105.bin] と[mt80_np1000_data_v102.bin] というファイルが作成されます。
ファームウェアファイルと設定データファイルの拡張子は「bin」です。
ファイル名は変更しないでください。

  • *注意
    「_pjfirm!」フォルダの中は、[cem_np1000_firm_v105.bin] ファイルだけにしてください。また、「_pjdat!」フォルダの中は、[mt80_np1000_data_v102.bin] ファイルだけにしてください。ファイルが複数ある場合は、書き換えが正常に終了しません。

2. ファームウェアのアップデート

2-1. プロジェクターの準備
  1. プロジェクターを準備します。
  2. プロジェクターの主電源スイッチを「O(切)」にします。
  3. 次に上記PCカードをプロジェクターのPCカードスロットにセットします。
2-2. アップデートの開始

次の内容に従いアップデートを開始します。
1~3の書き換え操作は、5秒以内に行うようにしてください。

  1. 本体の [EXIT] ボタンを押しながら、主電源スイッチを「I(入)」にします。
    • STATUS LED が緑で点灯します。POWER LEDは消灯のままです。

    • STATUS LED が緑で点灯するまで、[EXIT] ボタンを離さないでください。
  2. [EXIT] ボタンを離し、もう一度 [EXIT] ボタンを押します。
    • STATUS LED が消灯し、また緑で点灯します。
  3. [EXIT] ボタンを離し、今度は SELECT ボタンの上を押します。
    • STATUS LED が消灯し、POWER LED が緑で点灯します。
2-3. 再起動

書き換えが完了した後は、プロジェクターの主電源スイッチを「O(切)」にします。再び主電源スイッチを「I(入)」にすると、書き換えたファームウェアが動作します。

2-4. バージョン確認

ファームウェアが書き変わったかどうか、確認します。

  1. プロジェクターのON/STAND BY ボタンを2秒以上押し、電源を入れてください。
  2. プロジェクターのMENU ボタンを押してください。
  3. 「情報」の「Version」を開き、「Firmware」の項目が Ver1.05 になっていれば、書き換えが成功しています。 「Firmware」の項目が Ver1.05 になっていなければ、もう一度初めからやり直してください。
    以上で、ファームウェアのアップデートは終了です。

3.設定データのアップデート

3-1. プロジェクターの準備
  1. プロジェクターを準備します。
  2. プロジェクターの主電源スイッチを「O(切)」にします。
  3. 次に、PCカードスロットにPCカードがセットされていない場合、上記PCカードをプロジェクターのPCカードスロットにセットします。
3-2. アップデートの開始

次の内容に従いアップデートを開始します。
1~3の書き換え操作は、5秒以内に行うようにしてください。

  1. 本体の [EXIT] ボタンを押しながら、、主電源スイッチを「I(入)」にします。
    • STATUS LED が緑で点灯します。POWER LEDは消灯のままです。

    • STATUS LED が緑で点灯するまで、[EXIT] ボタンを離さないでください。
  2. [EXIT] ボタンを離し、もう一度 [EXIT] ボタンを押します。
    • STATUS LED が消灯し、また緑で点灯します。POWER LED は消灯のままです。
  3. [EXIT] ボタンを離し、今度は [MENU] ボタンを押します。
    • STATUS LED が消灯し、POWER LED が緑で点灯します。

書き換え中です。MENU ボタンは離して構いません。

書き換え時間は10秒~30秒です。
PCカードのフォーマット方法によっては、アップデートにかかる時間が上記よりも長くなる場合があります。 POWER LED がオレンジの点灯に変わったら完了です。
これ以外の状態(赤で点滅など)は、書き換え作業が正常に終了していません。
その場合は、もう一度、初めから、やり直してください。

3-3. 再起動

書き換えが完了した後は、プロジェクターの主電源スイッチを「O(切)」にします。
再び主電源スイッチを「I(入)」にすると、書き換えた設定データを使用してファームウェアが動作します。

3-4. バージョン確認

設定データが書き変わったかどうか、確認します。

  1. プロジェクターのON/STAND BY ボタンを2秒以上押し、電源を入れてください
  2. プロジェクターのMENU ボタンを押してください。
  3. 「情報」の「Version」を開き、「Data」の項目が Ver1.02 になっていれば、書き換えが成功しています。
    「Data」の項目が Ver1.02 になっていなければ、もう一度初めからやり直してください。
    以上で、設定データのアップデートは終了です。
  • Microsoft, Windows は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です
  • その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です

ダウンロードの実行

下記のファイル名をクリックして下さい。ダウンロードが開始されます。

ダウンロードファイル ファイル名 ファイルサイズ
NP1000Jアップデートソフトウェア
    【自己解凍後のファイル構成】
  • cem_np1000_firm_v105.bin
  • mt80_np1000_data_v102.bin
  • np1000_Readme_J.txt
np1000_v105j.exe 5.72MB

ページの先頭へ戻る