ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ダウンロード
  3. プロジェクター
  4. ソフトウェア・ドライバ
  5. アップデートソフトウェア
  6. NP-P502HJD/NP-P502WJD
ここから本文です。

NP-P502HJD/NP-P502WJDアップデートソフトウェア

概要

この「NP-P502HJD/NP-P502WJDアップデートソフトウェア(以下、「本ソフトウェア」といいます。)」は、以下の強化を実施した最新版のファームウェアへアップデートするためのソフトウェアです。

FIRMWARE2 Version 1.05

ファームウェア

Version 1.05での強化項目

  • PJLink / Crestron RoomView® の接続性を改善

Version 1.04での強化項目

  • MultiPresenter との接続機能強化
    • PIN コード入力による接続機能
    • インテリジェントコネクション機能
  • Image Express Utility 2.0 との接続性能向上
  • FIRMWARE Version 1.04 以前の機器をお使いの場合、無線LANのプロファイルを「インテリジェントコネクション」に設定するとオンスクリーンメニューの「情報」->「無線LAN」->「通信モード」に「インテリジェントコネクション」では無く「---」と表示されますが、「インテリジェントコネクション」機能は正常にご利用いただけます。

注意

ソフトウェアアップデートの操作を失敗する、もしは、アップデート中にプロジェクターの電源が切れると、以後ソフトウェアアップデートができなくなることがあります。また、工場出荷時のソフトウェアバージョンへ戻ることがあります。ソフトウェアアップデートの注意事項や手順を確認して、ソフトウェアアップデートを行ってください。

対象のユーザー

下記機種をご使用になるお客様

NP-P502HJD/NP-P502WJD

アップデートについて

アップデートを開始する前に必ず以下の注意事項をお読みください。

注意事項

  1. ソフトウェアアップデートが対応しているウェブブラウザは、Internet Explorer 11です。
  2. ソフトウェアアップデートを実行する際は、プロジェクターとコンピュータを必ずLANケーブルで接続してください。無線LAN 接続には対応していません。
  3. ウェブブラウザでプロキシーサーバを使用する設定のときはソフトウェアアップデートが失敗することがあります。
  4. 必ずプロジェクターのスタンバイモードを「ネットワークスタンバイ」に設定してください。プロジェクターの工場出荷時は「ノーマル」に設定されています。
  5. ソフトウェアアップデートはプロジェクターがスタンバイ状態のときにのみ行えます。アップデート中はプロジェクターの電源を入れないでください。また、電源ケーブルを抜かないでください。
  6. アップデート中は、リロードやページ切り替えを行わないでください。また、ウェブブラウザを閉じないでください。

用意する物

  1. LAN ケーブル
    ※付属しておりません
  2. Internet Explorer 11がインストールされたWindows 7/8.1/10搭載パソコン

    ※プロジェクターとコンピュータをLANケーブルで接続する方法については、ご使用のプロジェクターの取扱説明書「有線LAN と接続する」をお読みください。

ソフトウェアアップデートの手順

FLOW

1. アップデートソフトウェアの準備

1-1. アップデートソフトウェアのダウンロード

本ページ下記のアップデートソフトウェアのファイル「NP-P502H_FIRM2_V1_05.BIN」をダウンロードして、コンピュータの任意のフォルダに保存してください。

2. プロジェクターの準備

2-1. プロジェクターを準備します。
2-2. プロジェクターとコンピュータをLANケーブルで接続します。
2-3. プロジェクターに電源ケーブルを接続します。
2-4. パワーオンします。
2-5. プロジェクターのスタンバイモードを「ネットワークスタンバイ」にします。

  1. MENU ボタンを押してください。
  2. カーソルを「セットアップ」に合わせ、ENTER ボタンを押してください。
  3. カーソルを「オプション(2)」に合わせ、ENTER ボタンを押してください。
  4. カーソルをスタンバイモードに合わせ、ENTERボタンを押してください。
  5. 設定を「ネットワークスタンバイ」に変えて、ENTERボタンを押してください。
  6. 設定が「ネットワークスタンバイ」に変わります。
  7. MENU ボタンを押してオンスクリーンメニューを消します。

2-6. プロジェクターとコンピュータの接続を確認します。

  1. MENU ボタンを押してください。
  2. カーソルを「情報」に合わせ、ENTER ボタンを押してください。
  3. カーソルを「有線LAN」に合わせて、プロジェクターの有線LANのIPアドレスを確認してください。
  4. コンピュータのウェブブラウザを起動します。
  5. ウェブブラウザに次のURLを入力します。
    URL = http://プロジェクターの有線LANのIPアドレス
    ※ プロジェクターのWEBサーバ機能の画面が表示されます。表示されない場合はプロジェクターの有線LANの設定を確認ください。

2-7. パワーオフして、プロジェクターをスタンバイ状態にします。
2-8. ウェブブラウザを閉じます。

3. ソフトウェアのアップデート

3-1. プロジェクターがアップデートできる状態になるまで1分ほど待ちます。
3-2. コンピュータのウェブブラウザを起動します。
3-3. ウェブブラウザに次のURLを入力します。

URL = http://プロジェクターの有線LANのIPアドレス/update.html
※SOFTWARE UPDATE 画面が表示されます。表示されない場合はソフトウェアアップデートの条件を確認ください。

3-4. UPDATE FILE欄の「参照」ボタンをクリックして、1-1でダウンロードしたアップデートソフトウェアのファイルを選択します。

※UPDATE FILE 欄に表示されたファイル名を確認してください。

3-5. 「START UPDATING」ボタンをクリックします。

ソフトウェアのアップデートが開始されます。

3-6. アップデートが正常に終了すると、次の表示になります。

1.UPLOADING THE UPDATE FILE : COMPLETED
2.CHECKING THE UPDATE FILE : COMPLETED
3.WRITING IN THE UPDATE FILE : COMPLETED
4.COMPLETE UPDATING : PLEASE REBOOT.

3-7.右下の 「REBOOT」ボタンをクリックします。

アップデートが終了し、プロジェクターがスタンバイ状態になります。

3-8. プロジェクターの電源ケーブルを抜いてください。

注意
アップデート中にエラーが発生すると「UPDATING STATUS」欄に以下のようなエラーコードが表示されます。

エラーコード エラー内容
2001 ファイルのアップロードに失敗しました。
2007 アップロードしたファイルのサイズが大きすぎます。
2011 アップロードしたファイルが壊れています。
2012 アップロードしたファイルが壊れています。
4001 HTTP 通信の応答がありません。
上記のエラーコード以外のコードも表示される場合があります。ソフトウェアのアップデートがエラーになった場合は、電源ケーブルを抜き、再度本書の手順に従い、アップデートを行ってください。

4. バージョン確認

4-1. プロジェクターに電源ケーブルを接続します。
4-2. パワーオンします。
4-3. プロジェクターのバージョンを確認します。

  1. MENU ボタンを押してください。
  2. カーソルを「情報」に合わせ、ENTER ボタンを押してください。
  3. カーソルを「VERSION(2)」に合わせてください。
    ※プロジェクターのFIRMWARE2のバージョンを確認してください。

ダウンロードの実行

下記のファイル名をクリックして下さい。ダウンロードが開始されます。

ダウンロードファイル ファイル名 ファイルサイズ
NP-P502HJD/NP-P502WJDアップデートソフトウェア NP-P502H_FIRM2_V1_05.BIN 1.95MB